極真空手

【極真空手】KOアーティスト!成嶋竜とはどんな空手家?脱退理由も解説

※アフィリエイト広告を利用しています。

極真空手の一時代を築いたKOアーティスト成嶋竜の名を聞いたことありますか?

一撃必殺の左上段回し蹴りを得意とし、多くの一本勝ちの山を築いた小柄な空手家。

今回の記事では、そんな成嶋竜について現役時代から極真会館を脱退した現在まで詳しく解説していきます。

読者の悩み
  • 成嶋竜とはどんな空手家?
  • 成嶋竜の実績について
  • なぜ極真会館(松井派)を脱退したの?

こんな疑問にお答えします。

記事の信頼性

プロフィール

真二@筋肉ブロガー@shinji_sonohata

この記事を書いている僕は、極真空手歴・筋トレ歴ともい20年以上。

15歳で極真会館に入門し、現在も日々稽古に打ち込んでいる現役の空手家です。

今回ご紹介する成嶋竜氏は、僕自身が極真会館に入門した当初から最も憧れている空手家のひとり。

軽量級の小さな体で相手を一撃で倒す姿は多くの空手ファンを魅了しました。

そんな偉大な空手家である成嶋竜氏について、一人のファンである僕が解説していきます。

\成嶋竜テクニック&ベストマッチDVDはこちら!/


KOアーティスト!成嶋竜とはどんな空手家?

多くの空手ファンを魅了した成嶋竜という人物は、いったいどんな空手家だったのでしょうか?

組手スタイルやKOアーティストと呼ばれた理由、そして現役最後となった第7回世界大会での活躍について深掘りしていきます。

1-1 成嶋竜の概要

成嶋竜は、東京都西多摩郡瑞穂町出身の空手家。

1968年9月5日生まれで現在54歳(2023年6月現在)

日本空手道連盟葉隠塾塾長である成嶋弘毅氏の長男として生まれ、幼少期から空手の英才教育を受けて育ったといわれています。

その後、国際空手道連盟極真会館に入門。

強烈な突きと一撃必殺の左上段廻し蹴りをはじめ、上段膝蹴り、三日月蹴りなどの蹴り技を得意とし極真空手の歴史に名を刻みました。

現役時代の体格は、

  • 身長:168cm
  • 体重:68kg
真二
この小さな身体で、無差別の大会では重量級の選手と対等に戦っていたんです!

1-2 一撃必殺の左上段廻し蹴りでKOの山を築く

成嶋竜は常に相手を一撃で倒すという戦闘美学を持っており、突き技・蹴り技ともに一撃必殺の威力を持つ選手として有名でした。

その中でも、もっとも空手ファンを魅了した技が左上段廻し蹴り。

成嶋竜の左上段廻し蹴りは、まさに一撃必殺!

接近戦で見えない角度から放たれ、一撃で相手を失神させてしまうほどの上段廻し蹴りだったのです。

そんな一撃必殺の左上段廻し蹴りでKOの山を築いたことから、KOアーティストという異名がつきました。

成嶋竜の現役時代のハイライト動画

1-3 第7回世界大会ベスト8入賞を最後に引退

かねてから痛めていた左膝のケガにより一時期は試合から遠のいていましたが、第16回全日本ウエイト制大会(軽量級)に復帰戦として出場。

決勝戦では、復活を証明するような左上段廻し蹴りで一本勝ち!

見事に優勝を勝ち取り、第7回世界大会出場への切符を手に入れました。

そして、成嶋竜の現役最後の大会となったのが第7回世界空手道選手権大会です。

1回戦を左の三日月蹴りで一本勝ちし、続く2回戦も上段廻し蹴りを振ってからの左正拳突きで2試合連続の一本勝ち

続く4回戦・5回戦では、自分よりもはるかに大きな外国人選手に対して真っ向勝負で打ち勝ち、まさに神がかったような強さで準々決勝まで勝ち進みました。

準々決勝の相手は、当時K-1でも大活躍した外国人最強の空手家「フランシスコ・フィリォ」選手との一戦。

あの有名な極真の怪物フランシスコ・フィリオとも戦ったんですね!?
空手初心者
真二
フランシスコ・フィリオに立ち向かう姿には僕も胸を打たれました。

フランシスコ・フィリォは成嶋竜の上段回し蹴りを警戒しており、ブラジリアンキックや横蹴りで牽制し懐に入られないようにする展開が続く。

一方の成嶋竜は、身体の大きなフランシスコ・フィリォに対して果敢に立ち向かい懐に入ろうとしましたが、最後まで入り込むことはできずに判定負けとなりました。

とはいえ、無差別級の世界大会で軽量級選手としてベスト8入賞したという実績は極真空手史上初の快挙だったのです!

第7回極真カラテ世界大会 準々決勝 第1試合「成嶋竜vsフランシスコ・フィリオ」(1999年11月7日)

【関連記事】同じく第7回世界大会で活躍した数見肇の記事はこちら

あわせて読みたい
【極真空手】脅威のローキック!最強の空手家数見肇とは?現在の活動は?

最強の空手家といったらどの空手家を想像しますか?たくさんいる空手家のなかでも、たびたび名前があがるのが不動明王と呼ばれた数見肇氏。今回の記事では、そんな数見肇氏について現役時代の活躍から現在の活動まで詳しく解説していきます。

成嶋 竜の主な実績

それでは、成嶋竜の現役時代の戦績を見てみましょう。

主な実績(現 極真松井派)

  • 第11回オープントーナメント富山大会 優勝(全試合オール一本勝ち)
  • 第11回全日本ウェイト制空手道選手権大会(軽量級)準優勝
  • 第12回全日本ウェイト制空手道選手権大会(軽量級)優勝
  • 第6回全世界空手道選手権大会 ベスト16
  • 第13回全日本ウェイト制空手道選手権大会(中量級)優勝
  • 第1回世界ウエイト制空手道選手権大会(軽量級)第3位
  • 第16回全日本ウェイト制空手道選手権大会(軽量級)優勝
  • 第7回全世界空手道選手権大会 8位入賞

全日本レベルの大会でこれだけの優勝を勝ち取るなんて、本当に素晴らしい戦績ですね!

真二
富山大会の全試合オール一本勝ち全日本ウエイト制大会2階級制覇は、極真空手の歴史に残る大記録です!

【関連記事】極真空手の試合のルールについての記事はこちら

あわせて読みたい
【極真空手】試合の基本的なルールとは?【空手歴20年の僕が解説】

・極真空手の試合のルールがわからない。・極真空手の試合の勝敗はどうやって決まるの?・極真空手の試合って、ただ殴り合っているだけなの?|今回は、「極真空手の試合のルールがわからない。」こんな読者の疑問にお答えします。

極真会館(松井派)を脱退した理由

選手引退後は、国内のみならず世界各国の道場で後進の指導に励んでいました。

しかし、2021年8月に父である成嶋弘毅が塾長をつとめる葉隠塾を継承するため極真会館を脱退。

翌9月には「葉隠塾継代空手道成嶋道場」を開設しました。

現在はご自身のYouTubeチャンネルも開設し、技の解説や空手の素晴らしさを伝える発信活動を行っています。

まとめ

今回の記事では、KOの山を築いた偉大な空手家KOアーティスト成嶋竜について解説しました。

成嶋竜は極真黄金期に活躍し、小さな身体で多くの一本勝ちを量産!

そして、重量級選手にも臆することなく真正面から戦った勇敢な選手でした。

その活躍は現在でも多くの空手家たちの憧れの存在であり、これからも極真空手の歴史に語り継がれることでしょう。

真二
これからも、多くの方々に大好きな極真空手を広めるための発信活動を頑張ります!
また次の記事でお会いしましょう!

\成嶋竜テクニック&ベストマッチDVDはこちら!/


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真二

「筋トレ・極真空手・ブログ・プログラミング」を愛するブロガーです。 職業はフリーランスWebデザイナー&ライター。 筋トレ歴・極真空手歴は20年以上。【2023 西日本空手道選手権大会 準優勝🏆】

-極真空手
-,